教育は大学までか高校までがいいか

日本において、高校を卒業するとほとんどの生徒が大学に進学します。国公立の場合ですと4年間総額で約500万円になります。私立大学の場合ですと文系ですと約740万円に対して理系ですと800万円以上かかります。もちろん、これは自宅から通う場合です。下宿が必要となると前期の費用とは別に生活費がかかります。もちろん、大学により、大学のある都市により異なりますが、大学進学にかかる費用は昔とは比較にならないほど増加しています。教育にかかる費用をおさえて、高校卒業にすると会社に入ったとときの初任給が変わります。初任給が変わりますとそれに対する昇給率もことなります。もちろん、大学が全てではありませんが、本人が行きたいと考え時、親の財政が大学まで大丈夫であれば大学進学するべきと思います。大学は子供就職だけではなくそれ以降の生活までを安定させますし、その子供の子供、つまり孫も大学進学する可能性が高いので子々孫々にわたり安定した生活になる可能性が高いのです。