英語に対する苦手意識を無くすためには

私は中学生の時、先生に影響されて洋楽を聴くようになりました。当時まだまだ田舎だった私の地元では、洋楽というものはメジャーではありませんでした。私は数少ない洋楽好きな仲間と、楽しく過ごしました。高校も特に考えず、適当に普通科選びました。しかし、ここで思わぬ事が私に起きました。ダラダラと冬休みを過ごす私に、一本の電話がかかってきます。お相手は学校の方でした。話していませんでしたが、私の進学先では入試の結果で3つのコースに分かれます。私は卒業後就職を目指すコースを希望していました。内容は進学コースに変えてみないか。というものでした。さて、私は両親の勧めによって進学コースになったのですが。ここで本題の英語の学習です。学校の方によると、私の英語の点数が良かったそうなんです。思い当たる点は音楽に触れていたことだけです。信じられませんが、たったそれだけです。ということは、英語を話せばもっと良くなるんじゃないか。そう、高校入学後に私は歌を覚え始めます。本当は話し相手が欲しかったんですが、ネイティブスピーカーを田舎で探すのは厳しかったです。しかし、歌のおかげで、英語の授業とテストで困ることは無かったです。他の友人を見ても同じでした。ネイティブな英語を聴いている生徒は、英語の点数が良い傾向にありました。でも高校英語の授業で洋楽を聴くなんて殆どないです。是非とも取り入れて欲しいと思いました。