子供の教育のための資金準備の方法

子供の教育資金というと、大学、専門学校の入学資金、授業料などがありますが、それだけではありません。中学、高校の私立の授業料、学習塾の費用などがかかります。親の賃金は昔のように右肩上がりで上がることはありません。成果主義、業績連動と会社側は給与を抑えるようにしています。しかし、子供にかかる教育資金は減ることはありません。中学、高校の授業料は月々の給与で支払い、大学の資金は18歳をめどにお金を貯めるのがいいでしょう。教育資金をためる方法としては、銀行の定期預金があります。これも、昔のように高金利ではありませんので増えることはありません。その中で安定的に貯める方法ですと、学資保険がお勧めです。18歳の時に満期設定をします。掛け金は月々支払うか、年額まとめてかはありますが、高金利でお金を貯めることができます。また、被保険者である親が亡くなったら、その時点で掛け金の支払いが終わり、保険金がもらえますので、子供の進学資金に利用できますので、資金を理由に進学をあきらめる必要はありません。

自分の目標に合う学習ができる塾in日吉
入塾前に面談を行い、目指す方向性に応じた最適な学習方法を提案します。

お子様が好きなあなたにピッタリのお仕事
塾長になって子どもたちと一緒に過ごすことができます

お子様と通える英語スクール
天王寺の英会話教室マイケルズなら親子そろってお通いいただけます

子どもの英語教育に最適!

ネットでいつでも学べる環境を実現
東京目黒の個別指導塾アイディールがオンライン授業を開始しました

最新投稿