子供の教育のための資金準備の方法

子供の教育資金というと、大学、専門学校の入学資金、授業料などがありますが、それだけではありません。中学、高校の私立の授業料、学習塾の費用などがかかります。親の賃金は昔のように右肩上がりで上がることはありません。成果主義、業績連動と会社側は給与を抑えるようにしています。しかし、子供にかかる教育資金は減ることはありません。中学、高校の授業料は月々の給与で支払い、大学の資金は18歳をめどにお金を貯めるのがいいでしょう。教育資金をためる方法としては、銀行の定期預金があります。これも、昔のように高金利ではありませんので増えることはありません。その中で安定的に貯める方法ですと、学資保険がお勧めです。18歳の時に満期設定をします。掛け金は月々支払うか、年額まとめてかはありますが、高金利でお金を貯めることができます。また、被保険者である親が亡くなったら、その時点で掛け金の支払いが終わり、保険金がもらえますので、子供の進学資金に利用できますので、資金を理由に進学をあきらめる必要はありません。

傷があるディズニー英語システムも買取しています

横浜市で複数教室を運営する人気の放課後デイサービス

英会話をスパルタで学びませんか?

最新投稿